ソースルックアップ


JDK クラスのデバッグ時に「ソースが見つかりません」エラーが発生する
アプリケーションのデバッグ時、場合によって JDK クラスのソースを発見できず、クラスに対して「ソースが見つかりません」というエラーのページが表示されることがある。
プラットフォーム : すべて
回避策 : ソース添付ファイルを手作業で追加する。この作業は、ワークスペースの設定レベルで行うことも、デバッグ セッションの実行中にその場で行うこともできる。
デバッグ セッションがまだ開始されていない場合、[ウィンドウ|設定|Java|インストール済み JRE] の設定ページを表示する。jdk150_04 JRE を選択し、[編集] をクリックする。[JRE を編集] ダイアログ ボックスで、[デフォルト・システム・ライブラリーの使用] を選択解除する。rt.jar のノードを展開し、[ソース添付] ノードを選択する。[編集] ボタンをクリックして [外部ファイル...] を選択し、/jrockit90_150_04/ を参照して src.zip を選択する。
デバッグ セッションがすでに開始されており、JDK クラスに対して「ソースが見つかりません」というエラーを示すエディタ ページが表示された場合は、[ソース・ルックアップ・パスの編集...] ボタンをクリックする。[追加] ボタンをクリックし、[外部アーカイブ] を選択する。ファイル ダイアログ ボックスで、/jrockit90_150_04/ を参照して src.zip を選択する。